TEINEI

TEINEI GUEST TALK Vol.3

食材関係

〜「売れる」テイクアウトを考える 〜

TEINEI GUEST PROFILE

株式会社日本教育クリエイト

橋本 実千代

MICHIYO HASHIMOTO

クリエ・スクール
チーフエデュケーター

テキスタイル卸売業(婦人服地)に11年間勤務後、
平成10年よりクリエ・スクールのチーフエデュケーターを務めながら、
大学や専門学校、自治体、企業、個人向けに色彩講座、コンサルティングを行っている。
テレビ、ラジオ、雑誌、新聞の連載等でも活躍。
日本色彩学会正会員(色彩教材研究会、パーソナルカラー研究会、環境色彩研究会所属)
跡見学園女子大学非常勤講師

クリエ・スクールHPは下記をご覧ください。 https://www.c-color.net/
【保有資格】
  • ・色彩検定協会認定色彩講師
  • ・東京商工会議所カラーコーディネーター検定認定講師
  • ・食空間コーディネーター2級
◎共著
  • 「世界のパンチカラー配色見本帳」(パイインターナショナル)
  • 「色で読み解く名画の歴史」(パイインターナショナル)
  • 「色で巡る日本と世界~くらしの色・春夏秋冬~」(青幻舎)
  • 「配色の教科書 -歴史上の学者・アーティストに学ぶ『美しい配色』のしくみ-」(パイインターナショナル)
◎監修
  • 「フランスの美しい配色」(エムディエヌコーポレーション)
  • 「世界でいちばん素敵な色の教室」(三才ブックス)
  • 「伝統的なテキスタイルの色使いから学ぶ 世界の配色見本帳」(日本文芸社)
  • 「366日 日本の美しい色」(三才ブックス)
フードグラフィック研究会
色と食材の関係
~「売れる」テイクアウトを考える~

「フードグラフィックのHiRASAWA」として日々お仕事をさせていただく中で
HiRASAWAは「おいしさの表現」に全力で取り組んでいます。
シズル感のある写真や、あつあつ・ほくほく・もっちりなどの擬音語。
それらをかけ合わせる配置や見せ方。
そして重要なことは「色をいかに効果的に使うのか」ではないでしょうか。

色彩学の講師として、橋本実千代先生に全部で3回・HiRASAWAにお越しいただき
ました。食材と色の調和や、1950年代から90年代にかけての流行色を学んだ後、
「時代背景を意識した飲食店のポスター制作」というワークショップに臨みました。
携帯電話でリサーチをすることは厳禁。用意された資料と画材道具のみで各部署混合の
6チームが店頭用のポスターをデザインして、プレゼン合戦をしました。
拍手喝采あり、笑いあり、そして何よりデザイン部以外の部署の者も含めて
HiRASAWAの社員全員が色彩学を学ぶことにより、
会社として一回りも二回りも成長しました。

TEINEI Vol.3 のテーマは ~「売れる」テイクアウトを考える~ です。
先が見えない新型コロナウイルスの猛威により厳しい状況に立たされた飲食店では、
新たな活路としてテイクアウトの販売を始めるお店が急増しています。

「おいしそう」の感覚は人それぞれ。いくら「おいしそう」を掲げても、
それが「売れる」ことには直結しません。

どのようにすれば「売れる」テイクアウト商品ができるのかという課題に対し、
色彩学を用いた見解をもとに、橋本先生と当社デザイナーが
ロジカルに紐解いていきます。

4黒いパッケージの効果は?
(インタビュアー:「TEINEI」製作委員会)

橋本
白い色のパッケージに白身魚の鰆(さわら)を入れ、白っぽい焼売も入れました。どちらかというと明るい色の食材を入れました。
デザイナー
白い色のパッケージですと同化してしますね。
橋本
では黒い色のパッケージに変えてみましょう。いかがでしょうか?さらに赤いものが入るとおいしさを感じますので梅干を乗せて、緑のバランを入れ、対比を効かせてみました。そして黒を入れて引き締めるために、ゴマ塩も少々振りました。
デザイナー
とてもおいしそうに見えます。同じ食材を使用しているとは思えません。高級感が出ました。バランと梅干とゴマ塩が増えただけで雰囲気が変わりました。
橋本
和食は特に「目で食べる」といわれています。見た目は大切です。鮮やかな色の食材の場合は、白のお皿やパッケージで食材の色を際立たせるという方法があります。黒のパッケージが良く、白はダメというわけではないのです。
デザイナー
入れる食材の色によってなのですね。
橋本
日本のお弁当パッケージは黒や朱色をイメージした色が多く、漆をイメージしませんか?海外では漆を「ジャパン」と呼ぶほどの日本のオリジナル文化です。食品パッケージの色は漆の文化が多少なりとも影響しているのかと思います。
デザイナー
確かに黒、朱色は身近なお弁当用パッケージのカラーですよね。ところで昔はいわゆる庶民も漆を使っていたのですか?一般家庭にも漆の食器が普段使いとしてあったのでしょうか?
橋本
室町、鎌倉時代には貴族が使うようになり、江戸時代になって全国で豪商が誕生し、地域の特産品として漆器が生産されるようになったようです。高価なものですから、庶民が気軽に使うというものではなかったようです。
デザイナー
黒や朱色のパッケージに違和感がないのは、長く日本に続く漆文化の影響もあるのでしょうか?
橋本
本物の漆は使っていなくても、プラスチック製の食堂のお味噌汁の器、定食屋さんでも漆のような色合いの器が使われることが多いですよね。本物かどうかは別にして、非常に身近な色合いです。
橋本
白いパッケージの場合は、鰆などの白身魚の白を全面に見せてしまうと同化して引き立ちません。白身魚ではなく、紅鮭を使った方が目に留まりやすいです。あとは梅干しをひとつ入れるとワンポイントになりアクセントカラーになります。ご飯もおいしそうに見えます。 緑のバランとも引き合います。人間は色を1色だけで見ることはほとんどなく、梅干しとバランが同時に目に入ります。赤と緑はお互いの彩度を高める効果があるため、その効果が出て鮮やかでおいしそうなお弁当に見えますね。